読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から始めるオーメンの基本

どうも国内KIプレイヤー御粗末です。

前回ブログを作ったものの書くネタが無いな、という事で放置してましたが

「せめて持ちキャラの解説位はしておこう」と思い立ったので、今回はオーメンのキャラ攻略記事でも書いてみようと思います。しばしお付き合い下されば幸いです。

 

オーメンってどんなキャラ?

KIの設定上では前回書いたガーゴスの部下、黒いもやもやしたキャラです。

最大3発同時に出せる11種類の軌道を持つ波動拳

長いスライディング

発生保障のソウルサテライト

発生保障の自動追尾弾

ストリートファイターライクのゲーム性において滑空

画面端で投げから追撃

完全無敵の切り返し技

などを併せ持つ凄いキャラです、改めて文章にしてみると凄いなぁ。

今回はこれらの要素を解説しつつ普段使ってるネタまで記事にしてみたいと思います。

 

〇地上通常技のお話

まず基礎知識として、KIの通常技の発生は弱が4F,中が6F,強が8F以上が平均になっています。もちろん例外のキャラも居ますがその中にオーメンも含まれています。

オーメンの主力牽制技である5中Pは発生が5Fになっており、微妙な間合いで相打ちにならない下段無敵属性の技に勝つという優秀な性能をしています。

他にも優れた技として2中P、こちらは発生6Fで下段無敵属性には負けるものの、オーメンの中技の中で最長のリーチを誇ります。

5強Pは発生こそ10Fとやや遅めですがリーチが長く振りやすいです。

6強Pは飛ばれると確定を貰う&シャドーカウンターポイントではあるものの、オーメン全通常技の中で最長のリーチを誇りキャンセルも利くという優れた技です。

〇ジャンプ攻撃のお話

オーメンのジャンプはふんわりとしていて、ダルシムの様なティッシュジャンプになっております。ただそれを補える滑空を持っているので大した問題にはなりません。

主力のジャンプ攻撃はJ強PとJ弱Kになります。

どちらもめくり判定を持ち、滑空>J攻撃>すぐ飛んで滑空>J攻撃~と繰り返す事でやってる側も分からない表裏択が生まれたりします、いやぁ凄い。

ただし、オーメンのJ攻撃は与えるガード硬直が他キャラと比較しても短いという一応の弱点が存在します。あまり滑空連打をしていると小技暴れに負けるので適度に地上通常技を混ぜましょう。

 

〇固めのお話

通常技キャンセル>羅灼拳>5中Pキャンセル>羅灼拳

J攻撃>即ジャンプ滑空J攻撃>~

この2つだけです、分かりやすい!

 

〇立ち回りのお話

離れて羅灼拳を撃って出た弾の軌道に合わせて近づく

が基本形になります。

オーメンの羅灼拳には11種類の軌道がありますが、特に重要なのが

自動追尾弾

自分の目の前をぐるぐるしながら追従する弾

この2つが大当たりにもなります、ギルティギアファウストのメテオみたいな物ですね。

この2つが出たら滑空の前後移動を活かしながら接近し固めに移行しましょう!

〇ゲージの使い道

最初は完全無敵のシャドーフォームに費やしましょう、それだけで大丈夫です。

いや本当に。

 

オーメンを使いこなす上で抑えておきたいポイント

オーメンを使う上で一番重要なのは、羅灼拳をガードさせた時に有利が取れているかどうかを判断する事です。こればっかりは慣れの要素が強いですが、出来る出来ないで勝率に直結するポイントだと思います。

次に重要なのはゲージを確保する事。いやそんな当たり前の話をと思われるかも知れませんが、オーメンの負けパターンはゲージを確保できずに殴られ続ける事です。

KIは相手のコンボを食らっても微塵もゲージが貯まりません、ゲージが貯まるのは技をガードさせた時とコンボを成立させた時であるという事を常に意識して下さい。従って、固めはやや強気に行きましょう。何よりもゲージを確保してください。

オーメンのオーダーシールド(無敵切り返し)は性質上低姿勢技を重ねられたり、J攻撃を重ねられる事に非常に弱いです、加えて当たったときの威力もあまり高くなく、ヒット後の状況も別段良くありません。ノーゲージで触られる事は絶対に避けましょう。

最後に重要なのは、どんな手段を使ってでも画面端に連行する事

画面端に持ち込むには2通りの手段があります。

1つめは自分でコンボをして追い込む事、単純明快ですね。

2つめはわざと画面端に追い込まれてシャドーフォームや滑空で切り返す事。

オーメンは画面端で何回投げたかが重要なキャラです、常に画面端を意識しましょう。

 

 

〇何よりも対空が大事

前述の通り、オーメンはノーゲージで触られるのが非常に危険です。

加えてオーメンのオーダーシールドもシャドーフォームも垂直Jに余り強くない、更にオーメンの投げを嫌がって飛ばれると危険な状況を招きがちになってしまいます。

という訳でそういう状況を打破する為にも対空は確実に決めましょう。オーダーシールドでも2強Pでもどちらでも構いません、格ゲーからかけ離れた性能を持っているキャラだからこそ、格ゲーをしましょう。

 

〇コンボの話

KIでコンボの話をするのも無粋ですが

2弱K>2弱K>シャドー百裂脚>マニュアル>エンダー

これだけは抑えておきましょう、貴重なダメージ源になるはずです。

 

〇小ネタ集

強オーダーシールド>1段目キャンセルシャドー羅灼拳

ゲージのある時にどうぞ、削り切りやダメ押しに強いです。

J強Kすかし投げ

J強Kは威力がかなり高く設定されており、飛んだ相手にヒットしても投げても美味しいという絶妙な行動です。がんがんやりましょう。

 

 

 

ここまで書いたので一区切りにします、オーメンは使ってる時間が長いだけあって書きたい事が山ほどありますね。小ネタ集はもっとありますが時間見て更新するかも知れません。見てくれた人の何かの足しにでもなれば幸いです。

 

それじゃあまた